ニベアのクリームが効果あった私のお尻の黒ずみ

恥ずかしいおしりの黒ずみ

おしりの黒ずみってかなり恥ずかしくないですか?
私が自分のおしりの黒ずみに気づいたのはいまから2年ほど前のことでした。

 

事務職員として毎日働きづめだったその年の冬に妊娠が発覚し、私たち夫婦は喜び合っていました。それから5ヶ月が経ったある日。妊娠によってどんどん骨盤がひらいていくとともに私のおしりのサイズが2サイズくらい大きくなってしまいました。
そのおしりを鏡で見てみようと自分の後ろ姿を見てみると、なんとおしりに黒ずみができているではありませんか!しかも黒ずみ+赤いニキビまでできてなんとも無様な後ろ姿でした。

 

なんだか女性のおしりが汚いのって、清潔感がないように見えてどう解消すべきか悩んでいました。そこでネットでおしりの黒ずみを直す方法を調べてみました。

 

するとどうやらこの黒ずみは座りっぱなしの人などにできる場合が多いそうで、確かに私の場合も事務作業がメインなのできっとこれが原因だと思いました。あとは乾燥肌の人にも多いんだとか。どちらも私が当てはまる条件でした。
そこでこの黒ずみを直すべく私がとった方法は、保湿クリームを塗ってあげることでした。当時家の中にあった大量のニベアクリームをおしりに塗って寝るようにしたところ、あんなに黒ずんでいたおしりが徐々に治っていきました。クリームを塗るようになってから最近では、おしりのぶつぶつも治ってしまいました!

 

おしりの黒ずみで悩んでいる方は是非この方法を試してみてください。

 

社会人になった頃に、お風呂に入る前にたまたま自分のお尻を鏡で見た時に、
お尻の尾てい骨あたりの皮膚が少し変色していました。
黒まではいきませんが、うすい茶色っぽい色になっていました。
最初は原因が分からず、お風呂のあとにボディークリームを塗っていましたが、
改善されませんでした。

 

原因を調べてみたところ、摩擦などの刺激によって色素沈着が起こっているということでした。
確かに社会人になってから、デスクワークで一日中座りっぱなしです。
また腰をずらして、尾てい骨が下になるような、悪い姿勢で座っていることによって、
尾てい骨あたりが擦れてしまっているのではないかと気づきました。

 

これ以上、色素沈着が起こらないよう、
なるべく姿勢を正して座るようにし、

 

長時間座らないように、席を外して休憩するる回数を増やしました。
また、私はお風呂でタオルを使って身体をごしごし洗っていたのですが、
これも肌に刺激になるので、
ボディーソープを泡立てて、手で身体を洗うようにしました。

 

結果、お尻の黒ずみは酷くはなっていませんが、薄くもなっていないようでした。

 

やはり一度色素沈着してしまった肌は、元には戻らないのかと諦めています。
シミなどに効くと言われている、ビタミンが配合されているスキンケア商品を、お尻に塗ってみましたが、現在までこれといった変化はみられていません。
水着を着た時には、ぎりぎり見えない位置ですが、これ以上酷くならないか心配しています。